岩手県奥州市の漢方相談の店|くすりのオーパ

女性の日本漢方協会認定漢方相談士による漢方相談専門店、くすりのオーパです。子宝相談やその他慢性疾患など、トータルで地域の健康をサポートしています。

ホームオーパブログ ≫ 2020年 ≫

2020年の記事:オーパブログ

くすりのオーパ徒然「コロナ自粛とひとの命」

緑したたる季節、青葉の香りも清々しい五月、お出かけもままならずウツウツしている方も多いかと思います。

私は案外、苦にならず、です。

幸い店もあり、どうやらオタクだったらしく、本を片手にのんびりとラッキーのポワーンとした目に、ホッコリ癒されながらの日々。
それでもやはり人との交流もなく、新しい発見もなく、人生に彩りが少なくなってきている。

一日も早くこの重苦しい世界から抜け出したいものです。

それにはまず、気力体力、さらに気力体力!!

それにしても、今朝のテレビを見ていたら力の抜けるお医者様の発想に、年寄りの部類に入る私は口が開いたままになった。
コロナで重症になった年寄りは、若い人のために医療器具の使用を譲るカードを提案したとか。

年寄りは長く生きたのだからその命、譲って下さいと言う。

なんと医師のストレスを減らすためと言う。(医療現場の従事者にはそれは本当に頭が下がるが)

そういえばガンの告知にしても、「あと何か月しかもたないですよ」と言う方はストレスが減るかもしれないが、宣告された方はカタカタと生きる力を失う。
希望は持ちたい。
家族だって少しの望みはもたせたい。

そもそも世界に比べても年寄りの多い国のはずなのに、日本のコロナの死者は少ない。
文化がそうさせるのかと思います。
(人前でハグ、食い橋でとることが少ない・・・今はちょっとあやしいが・・・)

一汁三菜、早寝早起き、畑をやり、草取りをして、と年寄りほどよく動く。

80歳、90歳まで生きても命の質は若い人より良い気がする。

人間の遺伝子の30%はウイルスと菌が由来だという。
古代から人間とウイルスは共存して暮らしてきた。

群れとして社会生活をしてきた人間は、群れないと生きていけない。

おそれず、油断せず、「楽しい」を感じる生活は必ず戻ってくる。
人間はしたたかに共存できるようになる。

我が家では父方の遺伝子が強いのか、女子の娘二人は家飲みを満喫している。
加えて愛犬が残り物を狙って、この時ばかりはピターっとビクター座り(若い人、分かるかな?)でキラキラした目でいつまでも見つめている。

ウンウン。
食べるのが一番だ。

良く寝て、動いて、食べる。
若い者が年寄りから命を譲られないですむように。
養生の基本は昔からずっと変わらないはずです。
 
2020年06月11日 12:17

くすりのオーパ徒然「電話」

お元気でお過ごしでしょうか?
春のさんざめきに心も浮き立つ時季。
木々も萌黄色から黄緑、緑、新緑と季節も移るこの時、ホッコリ暖かく空をみて歩き、大きく息をしたい時季にお家にこもっていなければならない。
同じところでジーっと季節を過ごす、草木花と違い、人間は動いてなんぼの動物。
この上なく酷なことですね。

家に居ると、バアチャンに何か起きたか!とハッとして電話をとると、
「奥様いらっしゃいますか」
奥様と呼ばれるほど、奥にはいない。
アーッ、またかと電話を切る。
「電気量が安くなります」
「ケイタイ料も安くなります」
「元気の出る何々です」
はては
「独身の方はいらっしゃいますか」
などなど。

せっかく久しぶりの読み応えのある本に没頭して今まさに佳境に入らんとする時、思い尻を上げて
「はい、もしもし」
と余所行きの声に様々な誘い、電話セールスにまたタメ息・・・

以前も息子の同級生を騙る(かたる)若い声に息子のケイタイを教えたら、
「おっかあ、誰ともわからない人に教えるな!」とお叱りを頂いた。
その後、息子は死んだことに。
奥様も死に(自分)、独身のものはとっくに片付いたことになっている(片付いていない娘二人)

店にも電話セールスが多く、辟易していたこともあり、そういう電話にはかなり不愉快になっている。
しかし、ある時「お客さんを紹介したのに、電話を切られたんだそうだよ」とか。
お客様の会社の名前だったのに、不愛想なことをしたりと、そんな時にはドーンと落ち込む日々が続く。

この頃は、できるだけ明るくやんわりお断りする術を身に着けようと努力中です。

しかし、家に居ると今はコロナサギとも言われる電話があるとか。
辛い時、やさしい言葉をかけられるとコロッと引っ掛かります。
心のスキに入り込みます。巧妙です。(私も覚えがあった気がします)
ご用心、ご用心!!

コロナといいう呼び名は、日食の時の太陽のコロナがウイルスの形に似ているので名付けられたといいます。
それならお日様が何とかしてくれるかも。
自然を味方につける。
古来人類は太陽を中心に、地と水を供に生きた。
大丈夫。
まだまだ世界は人類の英知で頑張れる。
文明の発達のし過ぎで、眠っていたものを起こしたと言えなくもないウイルスには、原点に返り、自然からの授かりものを次の世代に渡す努力をしていけば。
AIに世界を牛耳られる前に気が付いて良かった!と思える暮らしをすればよいのかもしれませんが。。。

家に居るのはチャンス。
野原の散歩も良いようだし、子等には本の読み聞かせの時間(私のお気に入りは上田秋声の「雨月物語」・・・)
家の片づけ、庭木の手入れもさわやかな空気が戻るまで、心身ともに力をつけて過ごしていくことが大事かと。

ご自愛ください
 
2020年05月30日 13:27

くすりのオーパ徒然「のんびり、ゆったり、焦らない」

皆さん、お元気ですか?

コロナウイルス、日本中で大騒ぎです。
自然からの反発なのか。感染源とされる小さな動物は人間のお粗末さにせせら笑っているのでしょうか。
原始の完成を忘れて、なんでも人間のものと、奢り過ぎたしっぺ返しでしょうか。
AIとやらの時代となっても、諸々の生きとし生けるものはそれぞれ守るものを持ち、それらを育む台地や空気は人間様だけのものではないのですね。
自然を尊び、謙虚であるべきでした。
謙虚を失ったところにウイルスは生まれたのかもしれません。

東日本大震災の時もそうでした。。。。
テレビの画面の首相の声が空しく聞こえるのは私だけでしょうか。

ひたすら不気味なウイルスの画像を流すテレビを、コタツに寝転がりながら見ているのも飽きて、フッと窓に目を向けると空が暗い。
灰色の空はこんなに圧するように深く降りて、屋根屋根を押しつぶすように重かったのか。
家を覆い隠すようにドンヨリとした空は、気も暗くなるなあ、と前の家の屋根を見つつ空を眺めていると、雲が引いてうっすらと白くなり、すき間から柔らかい光が差して来る。
気も明るくなる。
空は青く、晴れる時は確かに来ると、自然から教えられる。

腰をすえて、慌てずコロナウイルスとやらの暴力に対峙することが肝要かと、さらに酒が消毒だとゆるりと過ごす義弟をみて、こちらも落ち着いてしまうから不思議。

去年、亭主と言動がそっくりな義弟が帰ってきた。
(90過ぎの母親のいるところに)

「今晩、そっちで夕飯な。ビールはアサヒ。つまみはチーズとサラミ」
と姪と甥(私の娘と息子)との酒盛りがこの上ない楽しみのように、しょっちゅ来る。
「アーッ。お父さんと同じことを喋る~~」
「兄弟だもの」
と、五年を超えて兄貴と一緒に飲んでいるような、楽しげな義弟。
やがてコロナウイルスもガヤガヤとにぎやかな酒盛りと、大口を開けて笑う家族の免疫力にコロリと行くであろうと思える。

そして、空も益々青く晴れる。

二日酔いにならない程度の酒盛りで夜が更ける。

幸い生業として漢方薬が手元にある。
元気を保つために、いつまでも酒がおいしいと言えるように、漢方を飲んで明日もガンバル!
ところでくれぐれも免疫は食事、休む、運動です。

どうぞ皆さまご自愛ください。
 
2020年02月28日 12:22

くすりのオーパ徒然「冬の楽しみ」

一月の二十五日は旧暦の元旦です。
季節の動きは旧暦に沿っている気がします。
小さい頃の正月は新暦と思いますが、雪もたっぷりあり、寒さは今の日ではないが楽しみはたっぷりあった。

父が町から買ってきた「たんきりアメ」を近所に売り歩き、小遣いにした。
こたつではフトン針に糸をつけ、ミカンのヘタめがけて刺す!
ミカンつりだ。
そのうち家族でカルタとり。
「犬も歩けば棒に当たる~」
「猿も木から落ちる~」
「論より証拠~」
聞き漏らすまいと耳をそばだて、目は絵札をみる。
テーン!ととる。

子供たちへの訓話であった。
外はシンシンと雪。火鉢には鉄瓶がチンチンと音をする。
湯気が立つ。

小正月(旧暦の1月15日)は雪の山へ入り、赤い枝のミズキを切って来る。
ご近所みんなでモチをつき、ミズ木に飾る。
大人の世話役は数日前から子等に踊りを教え、当日は門付けをして小遣いを稼ぐ。
世話役に酒がふるまわれる。
あの頃は雪が嬉しく、長靴の口をしばり、シバレル時は行き渡りもできる。
誰かがつくった木の枝と雪で作った落とし穴にズボッとはまり。
踏み固めてテカテカにした道で、誰かがステンと転ぶのを大笑いして喜ぶ悪ガキもいて、雪とは本当に遊んだ。

手足をしもやけにして、コタツに入るとジンジンしてカユイ。
そんなのことは何ということもなかったあの頃。

火棚から下がった自在鉤にかけた鉄ナベの中には温かい果報ダンゴ。
「ホレっ」と果報の小銭が入っているらしい果報ダンゴを椀に入れる母。
横座から父がニコニコしながら「食え!果報あったが?」

あれは何月だったか忘れている。
やたらと走馬灯のようにあの頃が頭を駆け巡る。

正月に風邪で寝込み弱気になったせいか、歳が重なったせいか。
寝ながらツラツラと店は大丈夫かち老婆心が働くが、娘らはしっかりしている。
オタオタしているのは自分だけ。
やっと店に出るようになり、いつもの口が先で、イスに尻が付きっぱなしの母に、安心と、ア~またうるさいという表情の二人を前に、やっぱりここが自分の居所。
長年の習慣が途切れると心まで寝込むらしい。
もうひとガンバリ。
年齢のせいなどと言っている場合ではない。
92歳の義母に負けないよう、シャキッと、シャキッとだ。

雪が解けたたろ氷(タロヒ)に陽があたり、キラキラ光、タツンタツンとしずくの落ちる春も来る。
が、今年は温かい。
春の知らせの雪解けける様は今年は見ることができるのかという程、雪のない冬ですね。
それでも風邪の時期です。

ご自愛ください。
2020年02月17日 17:51