岩手県奥州市の漢方相談の店|くすりのオーパ

女性の日本漢方協会認定漢方相談士による漢方相談専門店、くすりのオーパです。子宝相談やその他慢性疾患など、トータルで地域の健康をサポートしています。

ホームオーパブログ ≫ 季節の養生 ≫

オーパブログ

子宝最新情報 「筋トレで多嚢胞性卵巣症候群症状が改善する」

The Jouunal of Sexual Medicineから、「筋トレと多嚢胞性卵巣症候群の女性の性機能を改善する」という論文をご紹介します。

 ブラジルのサンパウロ大学の研究チームは43名の多嚢胞性卵巣症候群(以下、PCOS)の女性と、正常な排卵がある女性を対象にして16週間(約4ヶ月)の筋力トレーニングを実施し、その前後で性機能とメンタルの状態の変化について調べました。

改善内容を見ると、筋トレ後、とくに
PCOSの女性に顕著に性欲の改善効果が大きいことが分かりました。

また、不安や抗うつのスコアは、PCOSの女性でも正常な排卵のある女性でも改善することも分かりました。


不妊の原因にストレスが大きく関与することが分かっている以上、これは大きな意味があるのではないでしょうか。
また、PCOSの女性は、そうでない女性に比べて性機能障害やうつのリスクが高いということも言われています。

この研究チームが筋トレに注目したのは、無酸素運動がタンパク質やカルシウムなどの栄養を身体に取り込んで、筋肉や骨を作るような運動であるからとのこと。
筋トレによって基礎代謝が高くなり、PCOS女性に多い脂質や糖質の代謝異常が改善されることも期待できます。

多嚢胞性卵巣症候群

診断基準 ➡ ① 超音波検査で卵巣に小さな卵胞がたくさん見られるほか、排卵しにくい、または無排卵という月経異常 ② 血液中の男性ホルモン値が高い ③ LH(黄体化ホルモン)価が高いという3つの条件を全て満たすことが、最新の基準となっています。

症状 ➡ 肥満や内臓脂肪過剰、また毛深くなる、インスリンの抵抗性が高くなり、糖や脂質の代謝異常などがあり、そのメカニズムは複雑です。

病院での治療 ➡ まず、排卵がうまくいかないので、排卵誘発剤(クロミフェンなど)を使って排卵のチャンスを増やします。なかなか排卵できない場合、さらにステロイド(プレドニンなど)を併用します。それでもうまく排卵しない場合は注射での排卵誘発を行います。ただ、少量過ぎると反応せず、少し多くすると過剰に反応して卵巣が腫れ、血液が濃縮してしまいます。これを卵巣過剰刺激症候群といいますが、そうなると腫れがひくまで治療をお休みすることになります。

要は上手に排卵ができるようになれば良いので、お薬だけに頼らす有酸素運動と筋トレを併用することで、インスリン抵抗性を高めたり、糖や脂質代謝を改善していくことをお勧めします。

漢方でもその助けをすることもできるので、気になる方は一度ご相談ください。



 
2019年08月27日 14:20

今日のお客様「背中に鱗状の湿疹が出た高校2年生の男の子」

高校一年生の男の子。
お母様と一緒にご相談に。

背中に鱗状の湿疹。転々と脂漏性のニキビ?
お腹はあせも、ひじの内側は掻きこわしで、かなり辛そうな状態

お母様自身もアトピーだったようで、息子さんが気の毒でならない、と。
部活などが忙しく皮膚科にいく時間もなかなかとれないとご相談。

食生活(間食含む)が大いに影響しているようだったので、その改善と補助になる機能性食品、塗り薬とちょっとした漢方をお勧め。

1か月後、だいぶ状態が改善したとご報告いただきました。

皮膚は身体を守る器官であるとともに、排泄器官でもあります。
排便、排尿などで排泄しきれなかったものは、いずれ皮膚から出ていくことになります。

スナック菓子やジュースなどの油、糖などをせっせと食べて、代謝に必要なもの(ミネラルやビタミン)が不足してくると色々なところで身体の不調をきたします。

今回は買い食いもやめてもらったので、これ程短期間で改善できたのでしょう。

体質改善には漢方だけでなく、その体調不良の原因となった「食」を見直すことも大切なのです。
2019年06月29日 20:00

くすりのオーパ 今日のお客様 「あまりにもだるい、一月の半分風邪をひいている」

お客様からのご紹介でいらした50代の男性。

いつもだるく寝ても疲れが全く取れない。
中肉中背で見た目は頑丈そうだが、毎月のように風邪をひいている。
病院の検査では特に問題がない。
仕事が忙しすぎるのかな?と。

見た目からもお話の内容からも「肝」が疲れているのはよくわかる。
気もだいぶ不足しているので風邪をひきやすく治りにくい様子。

漢方をお勧めして3日くらいで長引いた風邪は抜けた。
しかしまだ疲れる。

肝の働きを助けて気を補う漢方薬をお勧めしたところ、一月ほどで本当に疲れにくくなったと見違えるようにお元気に。
その後、量をご自分で調整して継続しているが半年間一度も風邪をひいていない
2019年06月28日 13:21

くすりのオーパ 今日のお客様「子供の嘔吐、腹痛、夜泣き」

3才のとてもかわいらしい男の子。

肉や野菜を食べさせると吐いてしまい、心配と若いお母さん。

子供なりに味の好みもうるさいようで、食べられるものが非常に少ない。

お話をしながら漢方薬を舐めてもらうと「これか美味しい」と。
お食事の偏りも心配だったので、お子さんにも美味しく飲める補助食品をお一緒にお勧めしました。

2、3日後にお電話を頂き、
「飲んだ晩から夜泣きがなくなり、吐かなくなった」とのこと。

何よりお母さんもホッと安心されていたのでこちらも嬉しくなりました。

お子さんは漢方の効き目もすなおに出るので、こんなに短期間で改善することも多いようです。
2019年06月28日 13:08

今日のお客様(全身、とくに背中が寒くてスーパーにいられない 」60代女性)

2週間前にご相談にいらした、見た目は非常にお元気そうで快活な60歳女性のお客様。

50歳(ちょうど更年期の辺り)から、全身が寒くてスーパーやデパートなどクーラーが聞いたところでは、寒くて寒くていられない、体が重だるくなってむくみがでる、股関節周辺の骨が変形していて、常時痛みがあるとのご相談。

海外にもよくでかけれられていたが、最近は体調に自信が持てなくて、国内でも遠出はひかえているとのこと。

この方に適していると思われる漢方を2週間分お出ししたところ、2週間後の昨日、「寒さとだるさは本当に良くなりました。股関節の痛みもだいぶ良くなりました。漢方ってこんなに早く効くんだとびっくりしました」と。

長年の不調でしたので、しばらく続けますということで今度はむくみを改善する漢方と併用することにしてお続けいただくことになりました。

『呂氏春秋』巻三 季春紀( 呂不韋〈秦の宰相〉著 B.C.239)には「長寿」についてこんな記述があります。

【意訳】
 長寿ということは、本来短い寿命を長くするということではない。本来備わって
  いるところの生命を十分に発揮させる、すなわち天寿を全うすることである。
  天寿を全うするためには、それを妨害するものを取り除いてやらなければなら
  ない。


漢方の考えかたはまさにこれ、という気がします。

数値には表れないちょっとした不調を見逃さずに、身体の声を聞いて早めに手当てすることで、天寿の全うを妨害する要因を取り除いていくことこそ、漢方が本領を発揮できる分野だと感じます。

ちなみにこの「天寿」は、なにもそれを障害するものがなければ100年あるそうです。

まさに人生100年時代、100年安心して生活するためには「健康であること」は何にもまして重要なキーワードであることは間違いありません。

「病気」になる前の「不調はあるのに数値に現れない」または、「数値では異常値なのに自覚症状がない(肥満や肝機能障害など)」は「未病」の段階。

この未病の段階でメンテナンスしていくことで、快適に長寿を全うすることが可能になります。


 
2019年06月14日 11:31

耳鳴り・めまいと漢方

厚生労働省が最近おこなった調査によると、めまいに悩む人の割合は「23.1%」4人に1人、耳鳴りに悩む人の割合は「30.2%」約3人に1人という結果が出ています。

これが65歳以上になると、実にめまい→41.5% 耳鳴り→70.0%のもの方が「悩んでいる」というのですから、めまい、耳鳴りは国民病と言っても良いでしょう。

さて、耳鳴りやめまい、というと真っ先に思い浮かべるのは「メニエール病」ではないでしょうか。
メニエール病では、内耳の中を流れる「内リンパ液」の量が増えることで、内耳が水膨れ状態になって起こります。
漢方でも水の巡りを良くする漢方がよく使われます。

ところが、最近ではメニエール病以外での耳鳴り、めまいが急増しています。

耳鳴り、めまいは「年をとれば誰でもなる」わけではなく、最近の研究では真犯人は「動脈硬化」と考えられるようになり、さらに血糖値が高ければ危険度は倍増する、と言われています。

動脈硬化、高血糖・・・つまり、生活習慣病である、ということです。
であるならば生活習慣を少しずつ変えることによって、それ以上の悪化を防いだり、改善をすることも可能なはずです。
実際、自分でもできるセルフケアもあります。

①まずは禁煙・・・動脈硬化は活性酸素によって血管が慢性的に炎症状態であることから発症します。さらに喫煙をすることで全身の血管が収縮してしまい血液の流れが悪くなり耳鳴り、めまいを増悪します。

②血糖値をうまくコントロール・・・空腹時に甘いお菓子、菓子パン、ジュースなどは控えておやつにはナッツなどを食べましょう。量は片手に乗るくらいが目安です。できればお米も白米よりは玄米、(だと美味しくない方は5分づきから7分づきにして)パンも全粒粉や胚芽パンを選びたいところです。

③適度な運動とストレス解消・・・キーンという高温の耳鳴りがしたらストレスからくる耳鳴りかもしれません。
ストレスは自覚しないうちに溜まっていくものです。
食事が美味しくない、喉がつまる、胸が痞える、よく眠れない、いやな夢を見るなどのサインがあったら、いつもよりゆっくり過ごしたり、好きなことをしてストレスが溜まり過ぎないようにしましょう。

ところで、生活習慣、食習慣の改善は言うほど簡単ではありません。
さらにこれまで何十年と蓄積した結果、耳鳴りやめまいが起こっているわけですから、生活週間を変えただけでは改善することは難しいものです。
漢方はそのような「長い間かけて少しずつ悪化してしまった症状」の改善に最適です。

耳鳴りは耳の細胞の劣化もかかわる場合があり、漢方だけで完全に改善するというのは難しいのですが、「耳鳴りが気になって眠れない」というレベルの耳鳴りを「意識しなければ」あるいは「疲れた時だけ」耳鳴りが聞こえる、というレベルまで改善することは可能です。
この場合は動脈硬化の原因となる血栓の発生を抑えたり、末梢の血流量を増やす漢方や、老化をゆっくりにする補腎薬などを使います。

また、めまいはその方にあった漢方を2ヶ月ほど飲んで頂くと7割くらいの確率で改善していきます。
この場合、水の巡り、気の巡り、血液の巡りのどこに問題があるかによって、その方に適した漢方をお勧めしていきます。

ちなみに耳鳴りは早ければ早い程(自覚してから3ヶ月以内)、治療効果がはっきりと表れます。
気になったらなるべく早めに一度ご相談にいらしてくださいね。
 
2019年06月06日 15:01

今日のお客様「生理前のイライラ、不眠、、食欲不振のお客様」

しばらくぶりにヨガにいらした女性。

体調不良でヨガに来ることができなかったとのこと。

漢方を試してみたいということでご相談にいらっしゃいました。

ここ数ヶ月生理の周期に合わせて感情が浮き沈みして疲れる。
イライラして人にあたってしまう。
食欲がなくなりここ1ヶ月で3~4kgも体重が落ちた。
眠りが浅くてすぐ目が覚める。
普段は便秘だがストレスで軟便になるという女性。

お話を伺って、これは、と思う漢方をお勧めしたところ2週間で
「今までと全く違う。ほとんどイライラしなくなって感情をコントロールできるようになった。」と喜んでいらっしゃいました。
「夜もよく眠れるようになった」ということでしたが、漢方がなくなったらまた軟便になったというので、もう少し継続したいとご来店されました。

生理の周期に伴う不調は、改善を自覚するまでもう少しかかることが多いのですがとくに早く効果を実感された症例でした。
 
2019年05月10日 17:26

今日のお客様「突発性難聴と耳鳴り」

昨年12月に突然右の耳が聞こえなくなり、病院で突発性難聴と診断された。
リンデロン内服、メチコバール、コエンザイムQ10を処方されるが、どんどん酷くなるとご相談。
突発性難聴の場合、とにかく早めの対処が肝心なので少し集中してしっかり漢方をお飲みいただくようにお願い。
ちょうど1ヶ月で耳鳴りがだいぶ良くなり、難聴も改善されてきたとご来店。
さらに一か月後、病院で検査をしたところ耳の聞こえはほぼ改善。
いつも静かな主治医が「聞こえるの?!」と驚いていて笑ってしまった、と。
耳鳴りも全くなくなったと喜んで帰られました。
2019年04月26日 14:03

今日のお客様(胃が弱い女性の耳鳴り)

64歳女性 主訴耳鳴り

不眠で安定剤を3年前から処方されている。
のぼせやすく汗かき。

キーンとした耳鳴り。
立つとユラユラしためまい。
血圧は低め。
耳鼻科や内科を転々としたが良くならないとご相談に。

3月9日にご相談があり、漢方を差し上げましたがあまり効果を実感できず。
3月13日に再来店の際、頸部の動脈の流れが悪いことが分かり、瘀血を改善する漢方を併用していただくことに。

3月27日にいらしたときにはだいぶ良くなり、眠れる様になったとお話しされていました。

耳鳴りはストレスや血流、水分代謝や加齢などいろいろな要因がからみ難しい訴えなのですが、早めにご相談いただいたので思いがけず早く改善効果が見られて良かったです。




 
2019年04月06日 12:44

気づいていますか?本当は深刻なミネラル不足

最近、お客様のお話を伺っていると、様々な体調不良の裏に食生活の変化が見られます。

今から50年前と現代のカロリーの摂取量はほぼ同じでした。

しかし、当時に比べてアレルギー疾患や自律神経失調、生活習慣病と言われる高脂血症、糖尿病などの罹患率は増えています。

何が変わったのかと言えば、食べる内容が変わったのです。

脂質や糖質は過剰になり、ミネラルや一部のビタミン、食物繊維は不足する傾向が多くなっています。
わたしたち人間を建物に例えると、タンパク質や脂質、炭水化物は建築材料で、酵素やビタミンは大工さんに当たります。
材料が入ってきているのに、それを加工して使える形にする大工さんがいないために、材料がダブついている状態(脂肪として貯蓄)になっています。

ではミネラルが不足する理由はなんでしょう?
いくつかの原因を下にあげてみましたので、チコちゃん風にお読みください。

1、食材自体のミネラルが少なくなっているから

現代の農作物の生産方法では、化学肥料の多用などによって、土の中のミネラルが損なわれていくために、それを栄養源とする野菜に含まれるミネラルも以前と比べ半減しています。

2、加工食品は加工の過程で一度ミネラルを廃棄しているから

お弁当、お惣菜、冷凍食品などの原料には「水煮食品」が多く使われているます。それにより「加工しやすくなったり」「見た目が良くなったりする」からですが、せっかくのミネラル、ビタミンも水で洗い流されているものが多いようです。

3、添加物でミネラルが消耗されてしまうから

今やミネラルの吸収を阻害し、排泄してしまう添加物を避けては生きていけないと言っても過言ではありません。

とくに多くの食品に使われている「リン酸塩」などはミネラルの体内への吸収を阻害し、排泄してしまうので、どんどん大切なミネラルを消耗してしまうのです。

とくに今の日本で不足しているとされているミネラルを挙げると、「カルシウム」「マグネシウム」「鉄」「亜鉛」「クロム」などがあります。

これらが体内で不足すると様々な症状が現れてきます。

○ カルシウムが不足すると。。。

*骨粗鬆症 *動悸 *筋肉の痛み  *高血圧 *不眠症 *神経症 *喘息 *アレルギー性鼻炎 *発育不良など

○マグネシウムが不足すると。。。


*神経過敏  *うつ症状   *けいれん  *不整脈  *動脈硬化  *心筋梗塞  *尿路結石など

○鉄が不足すると。。。

*貧血  *食欲不振  *疲れやすい  *便秘  *舌炎など

○亜鉛が不足すると。。。

発育不良 *月経不順 *生理痛*性欲の減退*味覚異常*脱毛*傷が治りにくい*糖尿病*肝臓病など

○クロムが不足すると。。。

*高血圧*糖尿病*動脈硬化など

これらは、日々の食事をちょっとずつ見直すことで改善したり予防したりすることができます。
例えば、カット野菜ではなくなるべく野菜は丸ごと自分で加工する、お惣菜を買ってきたらお味噌汁だけでも自分で作る、調味料は少し奮発して添加物の少ないものを選ぶなどです。

とくに自律神経の乱れには食事が大きく関係しています

お子様の落ち着きがない、集中力が続かない、根気がない、なども食事の栄養があると指摘されています。

できることから始めるてみましょう。

 
2019年03月25日 16:14

くすりのオーパ

〒023-0828
岩手県奥州市
水沢東大通り1-1-5

電話番号
0197-24-5439

営業時間 9:15〜19:00

定休日 日曜日・祝日

当店について

月別ブログアーカイブ

2020 (1)

モバイルサイト

くすりのオーパスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら