岩手県奥州市の漢方相談の店|くすりのオーパ

女性の日本漢方協会認定漢方相談士による漢方相談専門店、くすりのオーパです。子宝相談やその他慢性疾患など、トータルで地域の健康をサポートしています。

ホーム ≫ オーパブログ ≫

オーパブログ

くすりのオーパ徒然「春山にて」

春爛漫。桜の時季、おげんきでしょうか・

この慌ただしい時をくぐり、福島の「花見山」へ義母と孫、嫁、娘たちと出かけてきました。息子は仕事に「精」を出すと勤めへ。
雨の予報は、桜を観たい一心の一家に恐れをなしたのか、上々の天気。
山は桜色と連翹の黄色に染まり、地にはボケの赤。
気はソワソワと晴の日だ・

各所にお休み処もあり、60分コースの花見山。
ピカピカの一年生の孫と、御年92才になろうとするおぴいちゃんもゆっくり頂上へ。
桜の木々の間から、雪の山々を見て、「日本って良いね」(外国のことは知らないけれど)

それにしても92才の健脚には脱帽です。
「ダイジョウブ?」と息の上がった声の私に「大丈夫!」と平気の平左で答える・・・私、やっぱりバアチャンに面倒見てもらう羽目になるような気が・・・。シンパイ・・・。

帰りは温泉でホッコリ。
寝湯で「ア~。極楽極楽」

風呂上りに嫁が「パパ(息子)に家のカギを渡さないで来ちゃった!」と。
今日に限って仕事を五時に終えた息子は、延々と夜10時過ぎまで車の中。(のちほど聞いてみると、ビールを飲みたかったので、コンビニで買ってきて車の中で飲んでたよ、と)

申し訳ないと、バアチャンから順番に電話で平謝り。
「イヤー。楽しかったら良かったよ」とやさしい返事に「ほっ!」
「この穴埋めは必ずするからね!」と言った口も乾かぬうちの数日後、再び息子に頼んで福島へ。

「伊藤若冲」を見に付き合わせることに。
誠に親孝行な子等を持ったと、平成最後のワガママバアバです。

令和の時代も、こんな無理に付き合ってもらえるように元気でいなければならんのですネ。

令和といえば、お客様に「おめでとう。レイだね」とお祝いされた??(私の名前は玲子)
令和は良い年号だねなどの談義になった。

野党のどなたかは「命令」の令とは!とご立腹とか。
「令」とは「令婦人」とか「ご令息」とか、他人を敬う時に使う字だそうですよ。
令は「命」の元の字であると白川静さんは書いておられます。
いいではないか。
神のご選択を受けるときの人の形という象形文字(儀礼用の帽子をかぶってひざまずいている様子)とも。

こんなことにまで難癖をつけるとは、何と心の狭いこと。

ちなみに私の玲子の「玲」は、玉の音(鈴からきたらしい)です。
弱く生まれて生きられないかもしれないと言われた私に、父がつけてくれた名だと聞いています。

先日、とても元気な方で頼りにしていた親類の女性が、99歳の母と96歳の父を残して逝きました。
人の命ははかない。

この玉の音の「玲」は死ぬまで人間を楽しみ、人間商売をお終いにするときまで、せめて92歳の義母に迷惑をかけないよう、ボチボチ「令和」を歩いていこうと思います。

桜の時季は花冷え、そして菜種梅雨もきます。

くれぐれもご自愛ください。

 
2019年04月24日 11:05

子宮のお話会 5月12日(日曜)

日時 5月12日(日曜) 10:30~12:00
会場 奥州市水沢東大通1-1-5 2F Rira Yogaスタジオ内
参加費 1,500円(事前予約制)
申し込み先 090-2889-7806
またはsikyu-biauty@siyu-biauty.com

子宮セラピーヨガでは、タイの伝統医学に基づき子宮と繋がる身体上のセンと子宮のポイントをご自身で刺激していただきます。
そのため、一度子宮ポイントとケアの方法をご確認いただいてからヨガにご参加頂いた方が効果を実感しやすくなります。

また、ご自身の現在の子宮の状態と本来の正しい状態とのズレ、なぜ子宮のケアが必要なのかをご理解いただいた上で子宮セラピーヨガにご参加いただくとよりスムーズになります。

今回、子宮インナービューティーセラピストの橘あまね先生をお招きして「子宮のお話会」と「子宮セラピーヨガ」の体験会を開催することになりました。

ヨガにご興味がない方も、ぜひこのお話を聞いていただき、よりご自分の身体への意識を高めていただくきっかけになればと考えております。

ぜひお友達やご家族とご一緒にご参加ください。

 
2019年04月11日 15:06

今日のお客様(胃が弱い女性の耳鳴り)

64歳女性 主訴耳鳴り

不眠で安定剤を3年前から処方されている。
のぼせやすく汗かき。

キーンとした耳鳴り。
立つとユラユラしためまい。
血圧は低め。
耳鼻科や内科を転々としたが良くならないとご相談に。

3月9日にご相談があり、漢方を差し上げましたがあまり効果を実感できず。
3月13日に再来店の際、頸部の動脈の流れが悪いことが分かり、瘀血を改善する漢方を併用していただくことに。

3月27日にいらしたときにはだいぶ良くなり、眠れる様になったとお話しされていました。

耳鳴りはストレスや血流、水分代謝や加齢などいろいろな要因がからみ難しい訴えなのですが、早めにご相談いただいたので思いがけず早く改善効果が見られて良かったです。




 
2019年04月06日 12:44

くすりのオーパ徒然「人生の僥倖」

お元気のことと存じます。

春分です。
季節の分かれ目、冬と春の間の季節ですね。
天候も不安定、体調も行きつ戻りつします。

八年前の三月、寒かったですね。
忘れることのできない自然の力と自分たちの無力を噛み締めた日でした。
それ以後、
「絆」という言葉が目につくようになりました。
なんとおなく押し付けがましく感じて馴染めずにいたので、改めて意味を調べてみようと白川静さんの「常用字解」を開いてみました。

「絆」という字が見つからず、仕方ないので旁の「半」で探してみる。

「半」はもともと生贄の牛をう二つに分けるの意、とある。
それを網(糸)でつなぐところからきているらしい。
ネットで検索してみると「牛を網でぐるぐる巻きにする事」とある。
そんなに縛られて自由にならないなんて「絆」って息苦しい!

では、広辞苑で調べてみる。
分厚く重い。開きにくい。それにしても字も小さい(一万数千円もした気がするが、そのためほとんど開いていないのだった)

そこには、断つのに忍びがたい思情、離れがたい情実、絆し(ほだし)等々。。

「ふ〜ん、情にほだされるとはここからくるのかな」
うちの娘達も断つのに忍びがたくて今ここにいるのか?と納得、したような。
まっ、情にほだされて一緒にいてもらっているとしても、日常の日々は穏やかで、一人暮らしの淋しさを覚えることもなく、幸せではある。

せっかくなので「幸」という字も次回で成り立ちを引いてみた。

「幸」とは刑罰の道具で両手にはめる手枷の形からきた、とある。
手枷の刑ほどの軽い罰で済んだなら、それは「僥倖である」という。
思いがけず、重い刑罰を免れたという意味らしい。

手枷なんかはめられたら、私ならブーブー不満を言うところを。「それですんで幸い」とはなんと前向きなことか。
「幸」という字が喜んでいるようです。

娘から「たくさん働いてお母さんの老後の面倒をみるから安心してね」などと涙の粒が二つ三つ溢れるようなことを言われても
「とっくに高齢で老後なんだけど、まだ働いてるよ」と憎まれ口をたたくのは「僥倖」噛み締めることのできない私ということか。

今年の春彼岸にも「お母さんいる?」という嫁からの電話に
「何の用?」というわたし。
「お墓まいりに行こうと思って」という健気な嫁に
「あっ!(また)忘れてた。。。出かけてる。おばあちゃん(私の姑)と墓まいりお願い1」という姑ヅラができるのも又幸せなことです。
人生の僥倖を手に入れた、ということでしょうか?

風に流されて雲が飛んで、隙間から青空が出てきた。
青空がある。

それだけで暖かい春はすぐそこ、と思ってしまいます。
とはいえ、まだ寒い日もあります。
どうぞご自愛ください。
 
2019年03月26日 14:10

気づいていますか?本当は深刻なミネラル不足

最近、お客様のお話を伺っていると、様々な体調不良の裏に食生活の変化が見られます。

今から50年前と現代のカロリーの摂取量はほぼ同じでした。

しかし、当時に比べてアレルギー疾患や自律神経失調、生活習慣病と言われる高脂血症、糖尿病などの罹患率は増えています。

何が変わったのかと言えば、食べる内容が変わったのです。

脂質や糖質は過剰になり、ミネラルや一部のビタミン、食物繊維は不足する傾向が多くなっています。
わたしたち人間を建物に例えると、タンパク質や脂質、炭水化物は建築材料で、酵素やビタミンは大工さんに当たります。
材料が入ってきているのに、それを加工して使える形にする大工さんがいないために、材料がダブついている状態(脂肪として貯蓄)になっています。

ではミネラルが不足する理由はなんでしょう?
いくつかの原因を下にあげてみましたので、チコちゃん風にお読みください。

1、食材自体のミネラルが少なくなっているから

現代の農作物の生産方法では、化学肥料の多用などによって、土の中のミネラルが損なわれていくために、それを栄養源とする野菜に含まれるミネラルも以前と比べ半減しています。

2、加工食品は加工の過程で一度ミネラルを廃棄しているから

お弁当、お惣菜、冷凍食品などの原料には「水煮食品」が多く使われているます。それにより「加工しやすくなったり」「見た目が良くなったりする」からですが、せっかくのミネラル、ビタミンも水で洗い流されているものが多いようです。

3、添加物でミネラルが消耗されてしまうから

今やミネラルの吸収を阻害し、排泄してしまう添加物を避けては生きていけないと言っても過言ではありません。

とくに多くの食品に使われている「リン酸塩」などはミネラルの体内への吸収を阻害し、排泄してしまうので、どんどん大切なミネラルを消耗してしまうのです。

とくに今の日本で不足しているとされているミネラルを挙げると、「カルシウム」「マグネシウム」「鉄」「亜鉛」「クロム」などがあります。

これらが体内で不足すると様々な症状が現れてきます。

○ カルシウムが不足すると。。。

*骨粗鬆症 *動悸 *筋肉の痛み  *高血圧 *不眠症 *神経症 *喘息 *アレルギー性鼻炎 *発育不良など

○マグネシウムが不足すると。。。


*神経過敏  *うつ症状   *けいれん  *不整脈  *動脈硬化  *心筋梗塞  *尿路結石など

○鉄が不足すると。。。

*貧血  *食欲不振  *疲れやすい  *便秘  *舌炎など

○亜鉛が不足すると。。。

発育不良 *月経不順 *生理痛*性欲の減退*味覚異常*脱毛*傷が治りにくい*糖尿病*肝臓病など

○クロムが不足すると。。。

*高血圧*糖尿病*動脈硬化など

これらは、日々の食事をちょっとずつ見直すことで改善したり予防したりすることができます。
例えば、カット野菜ではなくなるべく野菜は丸ごと自分で加工する、お惣菜を買ってきたらお味噌汁だけでも自分で作る、調味料は少し奮発して添加物の少ないものを選ぶなどです。

とくに自律神経の乱れには食事が大きく関係しています

お子様の落ち着きがない、集中力が続かない、根気がない、なども食事の栄養があると指摘されています。

できることから始めるてみましょう。

 
2019年03月25日 16:14

今日の生徒さん(息切れが収まって体力がつきました!)

今日いらした生徒さんからの嬉しいお言葉です。

「私は80歳までヨガを続けたいのと思ってますから、よろしくね!」とのこと。

お話を伺うと幼い頃から(お母様もお姉さまも)気管支が弱く、一度咳が出始めると4ヶ月も治らないことがある。
ちょっと動いただけで息切れがして疲れて大変だった。
ヨガを始めて、筋肉がつき始めた頃から、気がつけば息切れをせずに家族全員の布団まで軽々干せるようになったそうです。

ヨガは、目に見える筋肉だけでなく、内臓を支える内側の筋肉も強くしてくれます。
また、内臓の働きを高め、肺の外側の肋骨周辺の筋肉を広げて呼吸を深めてくれるポーズも多くあります。

呼吸が浅い方や体力がない方は、ヨガを続けることで非常にお元気になる方が多いように思います。
 
2019年03月11日 13:10

昨日のお客様(眠れない お腹が張って苦しい)

62歳女性のややふっくらとしたお客様

最近、色々なストレスが重なり、眠りが浅く、夜中の1時頃目が覚めて、そのあと眠れないというご相談。
そのストレスの原因は分かっているけれど、自分には解決できないことだとおっしゃっていました。
昔からお通じがつきにくく、ひどい時は4、5日でないこともあるとのこと。
お腹が張って苦しく、そうなると食事がはいっていかない。
(でも毎日ビールは飲んじゃう。。と)

他にも問診させていただいて、この方に合っていると思われる漢方をお勧めしたのが先週の金曜日のことでした。

昨日1週間ぶりに立ち寄られて「すっかり眠れるようになった。眠りも深いよな気がする。お通じも毎日出るようになりました」とお話しされていきました。

1種類の漢方のみで、その方にぴったり合う処方がみつかるとこれだけ早く症状が改善されることもあるのですね。

 
2019年03月09日 10:05

くすりのオーパ徒然「雛人形」

5EA49679-A933-4057-A748-A9DCB11C1E3F
お元気でしょうか。
雪が消えて、いつもの年より早い春の様子です。
もうすぐ3月ですが、陰暦ではまだ一月。
数十年でこの気候の変わり様に「暖かくて良いね」などといっていると「ボーッと生きてんじゃないよ!」とチコちゃんに叱られそうです。

長女の生まれた四十数年前はビリビリと寒くて手がかじかんで、春は来るのかとほんとうに待ち遠しかったものです。(この頃やたらと昔を思い出す!ヤバイかしら)
あの頃は二月は「ひな祭り」のため「「おひな様」を飾らなくてはならない。
反射ストーブひとつの部屋で冷たい七段飾りをこしらええるのはとても憂鬱なことこの上ない。
腿の間で手を温めつつ、一段ずつ、一部屋占領するひな飾り。

娘が嫁に行くときに「きめ込み人形」をもたせたいとひそかに思っている嫁と、孫を喜ばせたいと七段をと思うジイジとバアバ。
お嫁のひそかな希は、ある日届いた大きな箱でチョン。
それから毎年、二月の寒い時の飾り付けは辛かったなあ。
次女が生まれた時は飾るところもなく、その後ズーッとおひな様は箱の中。
長女にはこの七段飾りを、じじょにはきめ込みをもたせて〜♩という期待も虚しく、二人とも家が居心地良いとドッカリ腰を落ちつかせている。

そのおひな様を、今年思いついて飾ることにした。
箱の何年も入れられて、うす暗く寒いところはしんどいだろうと取り出す。
お顔を包んだ紙をとってみると「ウ〜ン、なかなか良いお顔ではないですか。」
せめて男雛と女雛を飾ろう。

3月3日にはまた箱にお戻り頂き、娘に持たせて嫁に出すことをひそかに願うが、きっと二人の箱入り娘達はここを「居心地いい〜」と言うのだろう。
「ま、いいか」倖せならば(にしも早めにしまおう)

オーパの様々な出来事を箱の中から見ていたかもしれない人形達は、店の正面に鎮座して、なかなか風情もある。
わたしの楽しみとして、毎年飾ろうかとながめています。

梅と桜と腿が一緒に咲きそうな今年。
暖かくても季節の変わり目は注意が必要です。

木の芽時になりますと「神経痛」「皮膚病」「アレルギー」「だるい」「のぼせる」「不眠」等、不調が出ます。
暖かい気を少しずつ身体に取り込むために、そろそろ活動的になりましょう。
身体が慣れてくると、正しい方に直っていきます。

また、こもった気をはらすのには苦味が欲しいのです。
「ふきのとう」「菜の花」等で解毒をし、無理のない範囲で動き出しましょう。




 
2019年02月25日 17:32

くすりのオーパ 今日のお客様 「顔から滝のように汗が出る」

65歳 女性

身体からは全くかかないのに、顔からだけ滝のように汗が出るとのご相談。
中肉中背で血圧は高め。

お話を伺って2週間ごとに、症状の変化に応じて漢方を変えていき2ヶ月でほぼ汗が出なくなった。
さらに腰痛まで改善されたとのことで、喜んでご報告にいらっしゃいました。
 
2019年02月25日 17:28

くすりのオーパ 今日のお客様「一日中頭がボーッとする」

80代 男性

不眠のため、病院から安定剤と睡眠導入剤を処方された。
翌日から頭がボンヤリして車の運転も覚束ない。
なんとか薬を減らしたいとのご相談。
腎陽を補う動物生薬と、このかたに必要と考えられる漢方をお勧めしました。
1ヶ月程で眠れるようになり安定剤を廃薬。
頭もすっきりして自分で車を運転していらした。
 
2019年02月25日 17:15