岩手県奥州市の漢方相談の店|くすりのオーパ

女性の日本漢方協会認定漢方相談士による漢方相談専門店、くすりのオーパです。子宝相談やその他慢性疾患など、トータルで地域の健康をサポートしています。

ホームオーパブログ ≫ くすりのオーパ徒然「初めての将棋」 ≫

くすりのオーパ徒然「初めての将棋」

お元気でお過ごしでしょうか。
庭のヤマボウシの実はザクザクなり、ラッキーのおやつに毎日落ちてくる。
柿の実も豊作。
少しずつ秋色に庭も染まりつつあり、朝夕も涼しくなってまいりましたが、まだ残暑厳しいです。

涼しくなったためか、蚊が元気になって薄暗い草の間から秘境にも音もなく、チクリとも言わず服の上からでも刺す。
モウレツなかゆみに不愉快なことこの上ない。

雑草取りの作用は今年はしない!どうせ枯れる!!というわけで、休日はあっちにコロリ、ソファーにゴロリと本を片手にきままに過ごす、至福の時。

今は「太公望」の読み直し。
紀元前千数百年の話。
胸が躍る圧巻の上、中、下巻。

今日はこんな感じで過ごそうか。
が、突然のにぎやかな「声」に「なんだ?!」「あっ、孫が来るんだった」
亭主の立ち日に忘れずに来てくれる。
「やあ、来たね」
体力では追い付かないので、座って相手をしようと初めての将棋。
駒の動かし方は「ドラえもん将棋」に書いてある。

さあ、勝負だ。
う~む。
ヤツも初めての将棋らしいが、呑み込みが早い。
バアバの打つ駒の間違いを訂正しつつ、動かす。
飛車を上手に使う。
手加減などいらない。
若干小学一年生だ。

さすがに父親(わたしの息子)には駒を数個除いてもらっても歯が立たない。
「参りました」と言うんだよ、と「礼」を教えても負けと認めたくないらしい。
言わずに目にブワーっと水をあふれさせている。
とりなしにバアバと一回勝負とする。

「香車」で直進してくる。
「太公望」のようなわけにはいかないが、バアバは弱い!!
「参りました」と言うと、やっと小さな声で父親に「まいりました」だと。
カエルも怖がる孫だが、何とかなりそうな気配だ。
うんうん、
フツウに大きくなれ。
当たり前の人生で良い。
惻隠の心があれば、と何者になるか分からない孫の相手も休日の楽しみの一つだ。

牡蠣がなると医者いらず、といいますが、秋の夜長、ついついと夜更かしにご油断なく。
冬に備えて十分な睡眠をとりましょう。
残暑にもお気をつけてお過ごしください。

令和元年9月
2019年12月10日 12:53

くすりのオーパ

〒023-0828
岩手県奥州市
水沢東大通り1-1-5

電話番号
0197-24-5439

営業時間 9:15〜19:00

定休日 日曜日・祝日

当店について

月別ブログアーカイブ

2020 (1)

モバイルサイト

くすりのオーパスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら