岩手県奥州市の漢方相談の店|くすりのオーパ

女性の日本漢方協会認定漢方相談士による漢方相談専門店、くすりのオーパです。子宝相談やその他慢性疾患など、トータルで地域の健康をサポートしています。

ホームオーパブログ ≫ くすりのオーパ徒然「春山にて」 ≫

くすりのオーパ徒然「春山にて」

春爛漫。桜の時季、おげんきでしょうか・

この慌ただしい時をくぐり、福島の「花見山」へ義母と孫、嫁、娘たちと出かけてきました。息子は仕事に「精」を出すと勤めへ。
雨の予報は、桜を観たい一心の一家に恐れをなしたのか、上々の天気。
山は桜色と連翹の黄色に染まり、地にはボケの赤。
気はソワソワと晴の日だ・

各所にお休み処もあり、60分コースの花見山。
ピカピカの一年生の孫と、御年92才になろうとするおぴいちゃんもゆっくり頂上へ。
桜の木々の間から、雪の山々を見て、「日本って良いね」(外国のことは知らないけれど)

それにしても92才の健脚には脱帽です。
「ダイジョウブ?」と息の上がった声の私に「大丈夫!」と平気の平左で答える・・・私、やっぱりバアチャンに面倒見てもらう羽目になるような気が・・・。シンパイ・・・。

帰りは温泉でホッコリ。
寝湯で「ア~。極楽極楽」

風呂上りに嫁が「パパ(息子)に家のカギを渡さないで来ちゃった!」と。
今日に限って仕事を五時に終えた息子は、延々と夜10時過ぎまで車の中。(のちほど聞いてみると、ビールを飲みたかったので、コンビニで買ってきて車の中で飲んでたよ、と)

申し訳ないと、バアチャンから順番に電話で平謝り。
「イヤー。楽しかったら良かったよ」とやさしい返事に「ほっ!」
「この穴埋めは必ずするからね!」と言った口も乾かぬうちの数日後、再び息子に頼んで福島へ。

「伊藤若冲」を見に付き合わせることに。
誠に親孝行な子等を持ったと、平成最後のワガママバアバです。

令和の時代も、こんな無理に付き合ってもらえるように元気でいなければならんのですネ。

令和といえば、お客様に「おめでとう。レイだね」とお祝いされた??(私の名前は玲子)
令和は良い年号だねなどの談義になった。

野党のどなたかは「命令」の令とは!とご立腹とか。
「令」とは「令婦人」とか「ご令息」とか、他人を敬う時に使う字だそうですよ。
令は「命」の元の字であると白川静さんは書いておられます。
いいではないか。
神のご選択を受けるときの人の形という象形文字(儀礼用の帽子をかぶってひざまずいている様子)とも。

こんなことにまで難癖をつけるとは、何と心の狭いこと。

ちなみに私の玲子の「玲」は、玉の音(鈴からきたらしい)です。
弱く生まれて生きられないかもしれないと言われた私に、父がつけてくれた名だと聞いています。

先日、とても元気な方で頼りにしていた親類の女性が、99歳の母と96歳の父を残して逝きました。
人の命ははかない。

この玉の音の「玲」は死ぬまで人間を楽しみ、人間商売をお終いにするときまで、せめて92歳の義母に迷惑をかけないよう、ボチボチ「令和」を歩いていこうと思います。

桜の時季は花冷え、そして菜種梅雨もきます。

くれぐれもご自愛ください。

 
2019年04月24日 11:05

くすりのオーパ

〒023-0828
岩手県奥州市
水沢東大通り1-1-5

電話番号
0197-24-5439

営業時間 9:15〜19:00

定休日 日曜日・祝日

当店について

月別ブログアーカイブ

2020 (1)

モバイルサイト

くすりのオーパスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら